ROSSOの想い

ROSSOがかなり奔放に、そして役に立つように情報を書き綴る。

日給月収で休んだらその日の金額はでません

admin, · カテゴリー: 未分類

独身の時は、ギャンブルや近辺や彼陣の賃借で、本当に、リスクがつきませんでした。若いうちは、稼業がたくさんあって、働いてなんとかの暮らしでした。

それが、やっと落ち着いて、マイホーム家計の独身時代は、余裕綽々といったポイントでしたから、先々の気掛かりやリスクはあまりありませんでした。賃借は2度としないと思っていたので、それ以外は自分勝手でした。

そんな私も結婚することになりました。
入籍やる前の真夜中、寝る前に、なぜか急に、結婚することが恐くなってきたのです。
今まで自分勝手にしていたわたしが、明日から、夫の金をきちんと管理できるか不安でした。もし、収拾ができなくて、暮らしがきちんとできず、またカードや金融から借金するのではないかと、昔の事が蘇ってきたのです。

ドキドキして眠れず、しまいには、こういうウェディングはやめた方がいいのでは?とか、わたしは、ウェディングに向かないと悩んでしまいました。
あした、近辺にそれをミーティングしたら、マリッジブルーよ。と言われました。安全。あなたならちゃんとできるからと励まされたお陰で、少しは楽になりました。

いざ、結婚してみたら、180度国が変わりました。夫の金は、思ったより以上に少なかったのですが、備蓄もあるしなんとかこなせると、その時は軽く考えていました。夫の稼業は、日給月給で休んだら、その日の金はでません。しかも、2月からだいたい6月は稼業がないなんて、もうびっくりしました。本当にこういうウェディングは安全かしらと、脳裏をよぎりましたが、結婚してしまったので、なんとかしなければならないと心がまえを入れました。
もし、都会で住んだら私達は、暮らし手助けを受給しなければならないほど、貧苦な暮らしだったと思います。
例え、夫の金が少なくとも、なんとか生きていく方式を見つけ出しました。

出身という支障ながら、身の回りは農家をしてる人が多いだ。
まず、夫が放置していた土地を、食べる分け前や近所に贈る分の畑を、開墾しました。
お陰で野菜には困らなくなりました。
ただ、野生との応戦だ。

その為にも日毎、生活簿と直視してます。

ちゃんとお金の運営とか収拾ができてるのかが悩んである。お金借りたい。即日融資できます